「助産師と保健師の違い」理解ガイド

助産師と保健師の違いをご紹介!


助産師と保健師の違い

看護師と助産師の違いというものも、一体何がどうなっているのか?と思っている方はいらっしゃると思いますが、助産師と保健師の違いというものに疑問を持っている方もいらっしゃると思います。ここでは、助産師と保健師という職業の違いを紹介していきましょう。

助産師と保健師はまったく違っており、その担うべき役割がまったく違っています。助産師は妊産婦を対象に限定して諸問題に対応していくことに対して、保健師は地域住民などの非常に広い範囲に渡る人たちを対象にして、健康管理などを行っていくという仕事を担っています。保健師は助産行為を行うことはできません。こういったことを考えると、助産師の資格は、助産師特有のものであるということが言えるでしょう。

助産師と保健師の仕事内容は異なっていて、担当する領域にも違いというものがあります。一般的なイメージとしては、助産師の方が資格取得が困難であるために、やりがいが大きいとしている方もいらっしゃいますが、担当している領域が違っているために、一概には言えないのです。たとえば保健師の場合には、助産師とは比べ物にならないくらいに大勢の人間を対象にして、健康管理や衛生管理などを行っていき、そこにいる住民の健康管理に非常に役立っているということが言えます。

また助産師は妊婦さんを対象にしたり、出産に関わる人間を対象にしているために、出産時には非常に需要が高いものですが、保健師の場合には、インフルエンザなどの流行の防止のために、奔走したりなど、それぞれに役割がありますから、やりがいという点でも、さまざまにあるのです。

看護師の場合には、仕事がつらいという理由で退職を考える方が大勢にいらっしゃいますが、助産師や保健師の場合には、こういった理由で退職をするケースは非常に稀です。結婚などを理由に、仕方なくという退職ケースがほとんどだと言えるでしょう。

助産師の仕事は、分娩介助の仕事の他に、思春期における少年少女への正しい性への理解を促す役割なども持っています。一方で保健師の仕事は、健康増進であったり健康管理というものだと言えるでしょう。転職先に関しては、保健師の方が若干幅広いと言えるのではないでしょうか。病院はもちろん、健診センターや、養護施設。また企業にも就業先が用意されていますから、助産師よりも保健師の方が、就業先の幅広さは優っているといえるでしょう。それぞれにメリット・デメリットはありますから、より自分の望む道を探っていきましょう。

都内で公務員看護師の求人を探すなら