助産師のブランク

助産師のブランクをご紹介!


助産師のブランク

助産師の仕事は、分娩介助だけではありません。思春期の少年・少女への性教育を行っていくこと。また正しい避妊方法の指導。母親支援であったり、婦人系疾患や更年期障害の相談に乗ること。体外受精など不妊治療を行っている夫婦やカップルの心理的なサポートなど、非常に幅広く、あらゆる年代の女性のライフステージにおいてのサポートを担っている職業です。

こういったことをちょっとあげただけでも、助産師自身が、妊娠をし、出産を経験する時期に仕事を続けていくことは非常に難しいと言えるでしょう。また出産を自身が経験し、育児をしながら、助産師としての仕事をすることは、非常に難しいということから、一旦助産師の仕事を離職するケースが非常に多いことが挙げられます。

最初からブランク明けで復職するという覚悟を持っている人間でも、助産師の仕事のハードさを知っていることから、ブランクの時間が長ければ長いほどに、復職するのに躊躇をしてしまうというケースが多いようなんですね。

しかしながら社会的には、少子化の影響によって、産科医の不足であったり、産院などの閉院が相次いでいることから、出産をできる施設がないであるとか、施設はあるものの、予約がいっぱいで受け付けてもらうことができないということが起こるなどのお産問題が続出しているんですね。ですから、出産のスペシャリストである助産師の需要が、非常に高まってきているという現実もあります。

たとえブランクがあっても、それに対して、潜在助産師に対しての復職サポートを全面的に打ち出している病院施設も存在しているのです。こういったことから考えても、体力的な問題であったり、やる気というものがしっかりと持っていれば、助産師としてのブランクがあったとしても、復職することができる環境が整っていると言えるでしょう。

ママさん助産師の受け入れに積極的な病院施設は、近年になって続々と生まれてきているという状況です。実際の病院でも24時間稼働をしている託児所が併設されている病院施設があったり、ママさん助産師様に、独身寮とは違った寮設備を整えていたり、住宅手当が保証されているなんていうような福利厚生を充実させている医療施設も存在しているのですよ。

こういったことから、助産師は不足傾向にあると言えます。ですからブランクがあったとしても、助産師の世界においては、比較的簡単に復職することができる職業であるといえるのではないでしょうか。

企業内診療所の看護師の給与相場